消費者金融の申し込みとオススメの借入先

ひとくちに消費者金融といっても、今や大小を含めますとその数は膨大です。そのためいろいろな情報に惑わされ過ぎて、いったいどの消費者金融で申し込んだらいいのかわからなくなる時があります。どの金融会社がどんなサービスを行っているのか、またどこに申し込みすれば自分にとって一番メリットがあるのかなど、どうせ申し込むのであれば、できるだけしっかり調べて、消費者金融をしぼって申し込みしたいです。ですが、いちいち自分で調べるのは限界があります。金利や細かなサービスなどは、素人ではその違いがわかりにくいことも多いです。ですので、そうした時には、きちんと信頼できるサイトで確認することが重要です。できるだけ有利な消費者金融に申し込みをしたいと考えているのであれば、当社が進めるキャッシングやカードローンを参考にされることをおすすめします。当サイトは消費者金融からキャッシングする上でお得な情報、オススメな借入先を掲載しております!

消費者金融・キャッシング申し込み比較

モビット 消費者金融
モビット
モビット
年利:4.8%~18.0% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:14:50までの振込手続完了で当日振込可(審査結果により不可の場合有)
モビット 消費者金融 お申し込みはこちら
 
プロミス 消費者金融
プロミス
プロミス
年利:4.5%~17.8% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:平日14:00時までにWEB契約完了で当日振込
*14時過ぎても、ネットで申し込んで審査通過後、自動契約機から借りられます。
プロミス 消費者金融 お申し込みはこちら
 
アイフル 消費者金融
アイフル
アイフル
年利:4.7%~18.0% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:平日14:00時まで
アイフル 消費者金融 お申し込みはこちら
 

消費者金融申し込みと限度額
pho1
消費者金融申し込みと限度額について
消費者金融の申し込みはネット環境があれば非常に簡単な手続きで済ませることが出来ます。
インターネット上の公式ホームページのトップに申し込みのリンクがあり、丁寧に手順まで書かれているので、その手順に従えば消費者金融の登録自体はすぐに完了します。
当然のことと言えますが、ネットでの申し込みといえど本人確認書類は必須となる場合がほとんどですので、そこだけは注意が必要な点となります。
また、消費者金融の借入限度額ですが、ホームページに書いてある借入の限度額は最大の金額です。
もう少し分かりやすく言うと全ての人がその限度額で借りられるとは限らない、と言うことになります。
では実際の限度額が何で決まるのか、と言いますと年収で決まることになります。
貸金業法によって年収の3分の1までしか貸し出しはしてもらえません。
加えて大抵は1度にこの限度額を借りることは出来ないため、年収の3分の1以下が実際に借りられる額と言うことになります。
消費者金融申し込みと審査内容
pho2消費者金融への申し込みは、無人契約機やインターネットで契約することが一般的です。お金を借りる契約は出来るだけ人に見られたくないと考えるのが一般的であるので、基本的に店舗に直接足を運んで契約することはありません。インターネットから申し込みをすることで、仮審査を受けることも出来て信用情報に傷を付けることなく合否を判定することも出来ます。審査内容は経済力と信用性の調査となり、年収と勤続年数や雇用形態や勤め先を記載することになります。これはお金を貸してもしっかり返済出来るだけの収入があるかどうかを見られます。消費者金融は銀行よりも審査基準が低いですが、返済の見込みが無い人物には貸してはくれません。信用性は、過去に借金で滞納をしたことがないかということを見られます。過去に滞納をしていれば消費者金融であっても利用できないこともあるので、審査内容を把握して信用を高めておくことが審査通過の為に大切なことです。
消費者金融 審査
消費者金融申し込みと年収
消費者金融申し込みと年収の関係
消費者金融申し込みと年収には関係があります。消費者金融は貸金業法によって運営される業者であるため、総量規制の対象になり、年収の3分の1以上の借り入れができないという制限があります。この制限は1社からの借り入れ額ではなく、貸金業法が適用される業者全ての合計額となるため、既に利用している業者がある場合には注意が必要です。
消費者金融に申し込みを行う際は、現在の借り入れ残高ではなく、利用限度額の合計を確認します。残高が少なくても利用限度額が高ければそこまでは借り入れができることになるため、審査では限度額が参照されます。これは法律による制限であるため、過去の利用状況などに全く問題がなくても、これに該当してしまうと審査に通らなくなります。
総量規制の制限にかかる場合、短期間で大きく年収を引き上げるのは難しいため、申し込みを行う前に他社の利用限度額の引き下げを行うか、解約を行うなどして空きを作る必要があります。

消費者金融申し込みと金利の特徴
消費者金融は貸金業法が改正された後は利息制限法と呼ばれる金利を守り運営を続けているのが特徴なのですが、従来の消費者金融はグレーゾーンと呼ばれる金利を適用してきたわけです。

法律が改正されたことにより、大半の消費者金融は利息制限法の上限金利以下での貸し付けが主流になっており、引き下げられたことで、申し込みを行う人にとっては、利息を減らすことが出来ると言うメリットが有るのです。

消費者金融への申し込み方法というのは、インターネットを利用する事で来店不要でお金を借りる事が出来ることからも、銀行などと同じように申し込を行う人も多くなっています。

利息制限法の上限を超えないとはいえ、銀行と比較をすると金利は高い事からも、消費者金融を利用する場合は、幾つかの会社を比較して金利が安い会社を探すことがコツでもあるのです。

また、利用限度額に応じて貸付利率が変わるのが特徴で、最大で500万円、貸付利率が4.7%~15.8%となっている場合などでは、利用限度額が多くなるほど貸付利率は低くなるのが特徴でもあるのです。
消費者金融申し込みと必要書類
消費者金融にお金を借りる際の必要書類には、まず本人の確認がとれる書類を用意しないといけません。どの消費者金融の会社でも申し込みの際は、個人を特定できる確認書類の提出は必ず行われます。本人確認として認められるものには、運転免許証があります。それ以外には、バスポートや健康保険証などがあげられます。本人確認書類に記載されている住所と現在実際に住んでいる住所が違う場合は、現住所を証明するために発行して半年以内の公共料金の領収書などを一緒に添付する必要があります。そして、消費者金融で50万円以上の融資の申し込みをする場合は、必要書類に収入証明書が追加されます。収入書類で一番よく提出されるのが源泉徴収票です。自営業の人の場合は、確定申告書になります。消費者金融の会社の規定によっては、給料明細書が利用できるところもあります。


融資の際の必要書類の提出方法は、ネットで行われるのが主流で、最近はスマートフォンのアプリから必要書類のデータを送ることもできるようになっています。
キャッシング 限度額